【WF-XB700】と【WF-SP800N】はどっちを買うべき?【SONYの重低音ワイヤレスイヤホンを比較しました】

ウーファーの画像 レビュー
スポンサーリンク

SONYの重低音ワイヤレスイヤホンを使ってみたいと思い、前から気になっていたSONYのイヤホンを調べてみました。

低音が効いた音楽で一日の気分を上げたい!

現在、SONYからは重低音再生機能が付いているワイヤレスイヤホンとして【WF-XB700】が販売されていますが、2020年6月27日に【WF-SP800N】が発売されます。

どちらも重低音再生機能【EXTRA BASSサウンド】があるのですが、それ以外にも大きな特徴がそれぞれあるので紹介しますね。

これがわかれば購入する際の判断基準になると思いますので、私と同じようにどちらを買おうか迷ってる人はぜひ参考にしてみてください。

先に選び方の基準となる2機種の大きな違い(ポイント)をまとめると、

【WF-XB700】のポイント
 ・重低音再生【EXTRA BASSサウンド】のみ
 ・【ノイズキャンセリング】やスマホアプリを使った【イコライザー】がない
 ・価格が【WF-SP800N】より安い(約16000円)

【WF-SP800N】のポイント
 ・防水機能が優れている(軽い水洗いも大丈夫)
 ・重低音再生【EXTRA BASSサウンド】以外に、【ノイズキャンセリング】、スマホアプリを使った【イコライザー機能】も付いている
 ・価格が【WF-XB700】より高い(約26000円)

となります。

もっと詳しい機能の違いを以下にまとめました。

スポンサーリンク

【WF-XB700】と【WF-SP800N】の防水機能について

【WF-XB700】と【WF-SP800N】はどちらも防水機能がありますが、防水性に違いがあります。

日本産業規格である”JIS”で定められた「水の浸入に対する保護等級」に違いがあります。

この規格ですが、【WF-SP900】と【WF-SP800N】は以下の通り。

【WF-XB700】 : IPX 4 相当 ⇒ 生活防水レベル
        外出中の突然の雨や、スポーツなどで汗をかいても動作可能

【WF-SP800N】 : IPX 5 相当 ⇒ 軽く水洗いも可能なレベル
          激しい運動による汗や雨の中でも動作可能

※ただし、どちらもヘッドホン音導管(音出口の筒部)は防水機能なし

【WF-SP800N】は防水スポーツモデルとしているだけに、防水機能がしっかりしています。

スポンサーリンク

【WF-XB700】と【WF-SP800N】の「ノイズキャンセリング」機能について

ノイズキャンセリング」機能は【WF-SP800N】のみとなっています。

もしノイズキャンセリングが付いているものが欲しい人は【WF-SP800N】を選べば間違いありません

そして【WF-SP800N】の「ノイズキャンセリング」機能はなんとAIで解析し自動で「ノイズキャンセリング」の『ON』⇔『OFF』を切り替えることができるんです。

具体的にはスマホアプリと連動させている場合のみですが、予め各シチュエーション時の「ノイズキャンセリング」機能有効・無効を設定しておけばスマホの加速度センサーを使って「走っているとき」、「歩いているとき」、「止まっているとき」を認識して「ノイズキャンセリング」を調整。

いちいち手動で「ノイズキャンセリング」機能を切り替えなくていいのでとても便利ですよね。

・「ノイズキャンセリング」機能は【WF-SP800N】のみ
・【WF-SP800N】の「ノイズキャンセリング」はスマホ連動でAIで調整可能
スポンサーリンク

【WF-XB700】と【WF-SP800N】の「イコライザー」について

音を自分好みに調整できる「イコライザー」機能ですが、こちらも【WF-SP800N】のみとなっています。

この「イコライザー」機能はスマホ専用アプリにて利用可能。

低音や高音の調整が簡単にできるのはすごく便利です。

スポンサーリンク

【WF-XB700】と【WF-SP800N】の「装着感」について

スポーツモデルの【WF-SP800N】には耳の内側のアーチにそって支えとなるアークサポーターがあります。

このアークサポーターにより装着感をアップさせ、激しい運動でも外れにくくなっているので【WF-SP800N】の方がより安心ですね。

スポンサーリンク

【WF-XB700】と【WF-SP800N】のその他機能についての比較について

その他については大きな違いはないのですが、比較表を作りました。

【WF-XB700】【WF-SP800N】
型式密閉ダイナミック型密閉ダイナミック型
ドライバーユニット12mm6mm ドーム型
(CCAWボイスコイル採用)
重さ約8.0 g x 2約9.8g x 2
電源DC3.7V :
内蔵充電式リチウムイオン電池
DC3.7V :
内蔵充電式リチウムイオン電池
充電時間約2.5時間(フル充電)約2.5時間(フル充電)
充電方法USB充電(ケース使用)USB充電(ケース使用)
連続音声再生時間最大9時間最大9時間(NC ON)/
最大13時間(NC OFF)
型式エレクトレットコンデンサー型MEMS
指向特性全指向性全指向性
通信方式Bluetooth標準規格 Ver.5.0Bluetooth標準規格 Ver.5.0
出力Bluetooth標準規格
Power Class 1
Bluetooth標準規格
Power Class 1
最大通信距離見通し距離 約10m見通し距離 約10m
使用周波数帯域2.4GHz帯
(2.4000GHz-2.4835GHz)
2.4GHz帯
(2.4000GHz-2.4835GHz)
変調方式FHSSFHSS
対応BluetoothプロファイルA2DP,AVRCP,HFP,HSPA2DP, AVRCP, HFP, HSP
対応コーデックSBC, AACSBC,AAC
対応コンテンツ保護SCMS-T方式SCMS-T方式
伝送帯域(A2DP)20Hz-20,000Hz
(44.1kHzサンプリング時)
20Hz – 20,000Hz
(44.1kHzサンプリング時)

ほぼ一緒なのですが、違いはイヤホン自体の重さと音楽再生時間。

【WF-XB700】は機能を絞っているからか少し軽いです。

音楽再生時間に関しては、【WF-XB700】と【WF-SP800N】は「ノイズキャンセリング」ありの状態では同じですが、【WF-SP800N】は「ノイズキャンセリング」なしにするとなんと13時間に!

音楽再生時間については【WF-SP800N】の方が優れていますね。

イヤホンの重さ : 【WF-XB700】の方が軽い!
音楽再生時間 : 【WF-SP800N】が長い!
スポンサーリンク

【WF-XB700】と【WF-SP800N】の機能比較した結果まとめ

重低音を楽しめるのワイヤレスイヤホンも調べてみるとだいぶ特徴が違うことがわかりました。

ただその分欲しい機能・特徴があるものを選べばいいのでわかりやすいですよね。

以下にそれぞれの機種別にどちらを買えばいいかまとめましたのでご活用ください。

以下の機能を重視する人は【WF-XB700】を買うべき!
 ・重低音再生機能のみで価格を押させたい人!
 ・少しでもイヤホン自体が軽いものがいい人!
以下の機能を重視する人は【WF-SP800N】を買うべき!
 重低音再生以外に
  ・「ノイズキャンセリング」機能を使いたい人!
  ・しっかりした防水機能が付いているモデルが欲しい人!
  ・スポーツにも使いたい人!