広島名菓「もみじ饅頭」をお土産にするなら老舗”にしき堂”がおすすめ!

もみじ饅頭の断面画像 お土産
スポンサーリンク

有名なご当地名菓っていろいろな会社が出していてどれを買えばいいか迷うことってありませんか?

自分もその一人で、結局どれがいいかわからなくなりお土産売り場を右往左往することもしばしば。。。

今回は、広島のお土産として有名なご当地名菓「もみじ饅頭」

いろいろな会社がいろんな味のラインナップを出していることでも有名です。

でもやっぱり安定的なおいしさなのが“こしあん”

その”こしあん”のもみじ饅頭の中でも一番のおすすめは“にしき堂”のもみじ饅頭です。

そんな”にしき堂”のもみじ饅頭ですが、なんと先日知り合いから頂きましたので早速紹介しますね。


スポンサーリンク

“にしき堂”のもみじ饅頭とは?

にしき堂は1951年創業の和菓子・洋菓子を製造・販売する会社です。

にしき堂の公式ホームページはこちら!

もみじ饅頭に使用してる原材料ですが、こしあんに使っている小豆は北海道十勝産水は日浦山湧水の名水とこだわっているんです。

ちなみにもみじは広島県の県花、県木ということもあり、広島の名菓につながっているようです。


スポンサーリンク

“にしき堂”のもみじ饅頭(こしあん)をもらった家族の反応

もみじ饅頭を食べたことがない子供たちは正直反応はイマイチ。。

そもそもうちの子供、饅頭系はあまり好きではないのです。。

ただ「中はこしあんで、それを包んでいるのはカステラ生地で、どら焼きみたいなんだよ」と説明したら興味を示し始めたのです。

そして食べてみると、「おいしい」とご満悦!

今回はダメかなと少し心配しましたが、喜んでもらえたのでよかったです。


スポンサーリンク

“にしき堂”のもみじ饅頭(こしあん)を食べた感想

もみじ饅頭の画像

実際に自分で食べたみたのですが、数あるもみじ饅頭の中でも一番でした。

その理由は、こしあんとそれを包む生地とのバランス

まず中身のこしあんですが、しっかり裏ごしされていて、甘さも甘すぎず絶妙な感じなんです。

さらにこしあんをつつむカステラ生地ですが、会社によってはパサついたり触るとべたつくくらいしっとりしているものがありますが、にしき堂はほどよいしっとり感

まさにベストといった感じなんです。


スポンサーリンク

“にしき堂”のもみじ饅頭の内容、値段、賞味期限について

もみじ饅頭の個別包装画像2枚目

気になる価格等は以下の通りです。

価格 5個入 /6個入/ 10個入/ 12個入/ 18個 入/ 24個入/ 30個入/ 36個入
1個当たり100円 (5個入なら500円、36個入なら3600円)
賞味期限 製造日から14日間
特定原材料
(アレルギー)
卵、小麦、大豆
カロリー 1個当たり106キロカロリー


スポンサーリンク

“にしき堂”のもみじ饅頭についてのまとめ

もみじ饅頭の断面画像

もし饅頭系がイマイチ好きではない子供でもどら焼きが食べるようであれば、「どら焼きに似てるよ!」と説明すればうちの子供のように食べてくれるかもしれませんよ。

いろいろな会社がいろんな味のラインナップを出していますが、もしオーソドックスなもみじ饅頭を買おうと考えてる人はにしき堂を選べば間違いないと思います。

お土産でみんなが喜んでくれますように!

コメント