【2022年】毎年人気の『丸子園』さんの”浜ぶどう”情報!【販売開始日はいつ?】

ブドウの画像 お土産
スポンサーリンク

我が家が夏になると毎年楽しみにしているのが横浜ブランドのぶどう”浜ぶどう”を販売している『丸子園』さんのぶどう。

販売時期が短いのでタイミングを逃すと販売が終了してしまうんです。

その『丸子園』さんの2022年のぶどう販売情報がわかりましたので早速まとめたいと思います。

先に販売開始日を書きますと、販売開始予定日は8月15日(月)からとするそうです。

※販売予定日が変更したり、販売価格について詳細がわかりましたらこちらの記事の内容を更新しますのでチェックして頂けたらと思います。

また以下に『丸子園』さんのぶどうについてと、取り扱っているぶどうについていろいろまとめました。

スポンサーリンク

『丸子園』さんが販売する横浜ブランドのぶどう”浜ぶどう”とは?

ぶどうの画像

浜ぶどうについてご存知かもしれませんが改めて説明させて頂きます。

「浜ぶどう」は、横浜で栽培されている大粒種を中心としたブドウの総称で、横浜ブランド農産物に認定されています。主な品種は、藤稔(ふじみのり)、ピオーネ、竜宝(りゅうほう)、紅伊豆(べにいず)などで、最近はシャインマスカットが増えてきています。完熟の状態で収穫されたものが直売され、とても甘くて美味しいと大好評です。

横浜市 横浜の果物 のHPより

参照サイト:横浜市 横浜の果実のページ

近年は上記に書かれているもの以外の品種も増えてきているようで、『丸子園』さんも藤稔(ふじみのり)やシャインマスカットなどを扱っています。

スポンサーリンク

『丸子園』さんは”浜ぶどう”にこだわりをもっているからおいしい!

ぶどうの画像

毎年書いていますが、「少しでもおいしいものをお客さんに提供したい」という信念のもとでぶどうを提供しているので、味はもちろん大きさや色がいまいちのぶどうは販売していません。

また近年は異常ともいえる天候の影響やハクビシンなどの害獣による食害などもあり、苦労することが多いそうです。

そんな苦労もありますが年間を通しての肥料やりや管理はもちろん、ぶどうの実自体に関してはなるべく木でぶどうを熟させた方が1粒1粒が大きくなり果汁も多くなるので売り出す直前で木からとるというこだわりをうれしいですね。

スポンサーリンク

『丸子園』さんが販売する”浜ぶどう”の種類について

ぶどうの画像

『丸子園』さんが2022年に販売する”浜ぶどう”の品種についてまとめました。

内容としては去年と同じとなります。

・藤稔(ふじみのり)
・紫玉(しぎょく)
・シャインマスカット
・ピオーネ

毎年書いていますが、以下にそれぞれの品種について特徴も簡単に特徴などを説明しますね。

ちなみに毎年すべての種類を食べている私としては『丸子園』さんの浜ぶどうは共通して糖度が高いのでどの品種も間違いなく美味しかったです。

藤稔(ふじみのり)

黒ブドウの王様と呼ばれるピオーネを交配育成した新しい品種。

藤稔(ふじみのり)は粒がとても大きくて糖度がかなり高く、巨峰(きょほう)より高いと言われています。

紫玉(しぎょく)

巨峰の系統「高墨」の枝変わりとして発見され、その枝から採穂して接木により育成された品種。

品種の元となっている巨峰(きょほう)とほぼ同じで甘みや酸味のバランスが良いです。

オーソドックスなぶどうの味を求める方はこちらがおすすめですが、『丸子園』さんのは糖度もぶどう本来の味も強めでよりおいしくなっています。

シャインマスカット

2006年に品種登録されたばかりの白ぶどう。

マスカットの香りと高い糖度、そしてなにより皮ごと食べれるという特徴があります。

最近ではスイーツにも使われたりしてかなり人気となってるのでご存じの方も多いのではないでしょうか。

『丸子園』さんでも一番人気の品種となっていて、1人に対しての購入制限がかかるほど。

『丸子園』さんとしてはたくさんのお客さんにぶどうを楽しんでもらいたいとの願いがあるのでご理解・ご協力をお願いしてるそうです。

ピオーネ

巨峰よりも香りが強く、かつ日持ちのよいといわれている品種。

甘みが強いけど後味はスッキリしていて、さらに大粒なのに身が詰まっていてジューシーなのが特徴です。

スポンサーリンク

2022年『丸子園』さんの”浜ぶどう”販売時期について

カレンダーの画像

今年の天候は暑かったり雨が極端に降ったりしたのでぶどうの出来がいまいち読めなかったそうですが、以下の通り販売は8月15日(月)からとするそうです。

販売開始日 : 2022年8月15日(月)

 

8月15日(月)はシャインマスカットの販売はしないとのことです。
※シャインマスカットは他のぶどうと比べ育つのが遅いので数日後からの販売となるようです。

販売時間:9:00 ~ 夕方くらいまで(天候やその日の販売予定数に達した場合などにより不定)※

※ただし、雨天時は販売対応をすることが難しく販売できないことがあるようです。

販売終了日 : 売り切れとなるまで ※

※2021年は販売開始から約1週間程度で終了となりました。

スポンサーリンク

2022年『丸子園』さんの”浜ぶどう”販売価格について

計算機で計算しいている画像

2022年も品種によって異なり、またすべて量り売りとなっています。

・藤稔(ふじみのり):1kgあたり1640円(税込)
・紫玉(しぎょく):1kgあたり1440円(税込)
・シャインマスカット:1kgあたり1940円(税込)
・ピオーネ:1kgあたり1440円(税込

配送用の箱:420円(税込)
※配送用の箱のみで、配送手続きはセルフサービスとなります。

上記は値段の基準となる1Kgあたりの値段ですが、『丸子園』さんのぶどうは1房1Kgないことがほとんど。

ですので実際に買う時にはもっと安くなることが多くかなりお得です。

スポンサーリンク

『丸子園』さんの”浜ぶどう”販売場所について

地図の画像

『丸子園』さんのぶどうは以下の場所で販売しています。

住所:〒224-0001 神奈川県横浜市都筑区中川3丁目34

車でのアクセス:東名高速道路 横浜青葉ICを渋谷方面に降りてから約10~15分

徒歩でのアクセス:横浜市営地下鉄ブルーライン 中川駅から約10分

スポンサーリンク

2022年『丸子園』さんの”浜ぶどう”販売についてのまとめ

ぶどうの画像

毎年リピーターが増えてきており、販売時間前から並んでいる人もいるくらい人気になっているようです。

1日の予定販売数は日によって違うので午前中に買いに行くのが確実だと思います。

また今年(2022年)は8月15日(月)からの販売開始なので確実に手に入れたい人はなるべく販売開始日から狙ってみてください!