メタシルが使いやすく進化した「メタシルライトノック」をレビュー!

metacil light knockのパッケージ画像 レビュー
スポンサーリンク

2022年6月に発売した芯が金属性で出来た鉛筆「metacilメタシル」をご存じでしょうか。

metacilメタシル」と同じ芯が金属のものは以前からありましたが、どれも値段が高いものが多かったんです。

ですが「metacilメタシル」の値段は990円(税込み)とお試し価格で試せるものでした。

そちらのレビューはこちらに記事があります。

その「metacilメタシル」がさらに改良された「metacilメタシル lightライト knockノック」が2022年12月に発売されました。

その「metacilメタシル lightライト knockノック」はどのように変わったのか、使い心地はどうなのかをレビューします。

スポンサーリンク

最初に発売された「metacilメタシル」と「metacilメタシル lightライト knockノック」の違いは?

metacil light knockの特徴

metacilメタシル」は芯の部分の金属に黒鉛が含まていて、紙に芯をこすったときに起こる摩擦よってその黒鉛が紙について通常の鉛筆と同じようにかける仕組みとなっています。

metacilメタシル lightライト knockノック」も同じ芯を使っているのですが違いをまとめました。

「metacilメタシル」と比べ「metacilメタシル lightライト knockノック」の方が優れているところ

metacilメタシル lightライト knockノック」の方が良かったところは5つあります。

・シャープペンシルのように芯をしまえる
・芯を触ることが少なくなるので手が汚れにくい
・持ち手の部分はプラスチックで出来ているので軽い
・濃さが若干濃くなった (「メタシル」”2H” → 「
メタシルライトノック」 “H” )
・値段が安くなった(「メタシル」”990円(税込み)” → 「メタシルライトノック」 “385円(税込み)” )

特に芯がしまえるのは大きな改善点となります。

metacil light knockの芯をしまった画像

先に発売された「metacilメタシル」は常に芯がむき出しとなっているため芯の部分を何かにぶつけたり、落としたりすると芯が根元から折れてしまうということも。

metacil light knockの芯を出した画像

その欠点を補うようにシャープペンシルと同じように芯と反対側をノックすれば芯が出るようになりました。

metacil light knockの全体画像

さらに「metacilメタシル」は持ち手の部分が金属で出来ていたので少し重かったのですが、「metacilメタシル lightライト knockノック」はプラスチックなのでとても軽く感じます。

「metacilメタシル」と比べ「metacilメタシル lightライト knockノック」の方が残念なところ

metacilメタシル lightライト knockノック」となっていろいろ改善されいますが、「metacilメタシル」の方がよかったと思うところもありました。

・「metacilメタシル」の方が高級感がある
・「metacilメタシル」の方が芯が長い = 筆記可能距離が短い

metacilメタシル lightライト knockノック」は見た目がシンプルなデザインのシャープペンシルとなっているので「metacilメタシル」と比べるとチープに見えてしまいました。

芯部分も「metacilメタシル lightライト knockノック」が丸くて短いので長く使って芯先が削れてきたとき、「metacilメタシル」より芯の筆記可能距離が短くなっています。

metacil light knockとmetacilの芯先の違いをあらわした画像

ちなみに筆記可能距離ですが、「metacilメタシル」は”約16km”、「metacilメタシル lightライト knockノック」は”約5km”となっています。

スポンサーリンク

「metacilメタシル lightライト knockノック」を実際に使ってみた

metacil light knockのパッケージ画像

metacilメタシル lightライト knockノック」を実際に使ってみると、一番違いを感じたのは“軽さ”でした。

スラスラ書くことが出来るので、学生のように長時間文字を書き続ける作業をする人にかなり向いていると思います。

また長時間書き続けても芯を削るという行動はとらないで済むので集中できるのもいいですね。

色の濃さの違いについても試し書きで調べましたが、私には特に違いが判りませんでした。

metacil light knockで書いた線の画像

ちなみに画像の上の線が「metacilメタシル」、下の線が「metacilメタシル lightライト knockノック」です。

スポンサーリンク

まとめ:よく持ち運んで使う人は「metacilメタシル lightライト knockノック」がおすすめ

metacil light knockのパッケージ画像

持ち運んで使う人はぶつけたり落としたりする可能性があるので、芯をガードできる「metacilメタシル lightライト knockノック」を使うのがピッタリ。

また本体が軽いですし芯を削る作業が省かれるので長時間書き続ける作業をする方にも向いていると思います。

本体の色ですが、画像にある「ライトブルー」、「ミントグリーン」、「イエロー」の他に「ブラック」、「ホワイト」、「グレー」、「ライトピンク」、「ライトバイオレット」の8色展開しているので気に入った色があれば試しに買ってみてはいかがでしょうか。