盛岡に行ったら盛岡のご当地パン「福田パン」を食べよう!

福田パン本店前アップ画像 ご当地グルメ
スポンサーリンク

出張と言えばご当地のおいしいものを食べるのが楽しみでもありますよね。

今回は盛岡に出張に行ってきたので、盛岡のご当地パン「福田パン」を紹介します。

「福田パン」は盛岡の人のソウルフード言われるくらい有名でよく食べられているんですよ。

盛岡駅構内の二階北改札口を出た先にある「iwate te to te to」で福田パンを販売しています。

盛岡駅のお土産屋iwatetetoteto


盛岡駅構内で売っている福田パン

ですが、本店が盛岡駅から約1キロ程(徒歩約15分前後)のところにあるので、せっかくだからその本店に行って食べてきました。

私としては盛岡駅構内の店舗より本店の方が遠いですが、いろいろ自分で選べて楽しいのでおすすめです。

スポンサーリンク

盛岡のご当地パン「福田パン」とは?

福田パンの本店前

盛岡の福田パンは1948年に創業した歴史のあるパン屋さんです。

食パン等の通常のパンの販売も行っていますが、一番の人気は色々なクリーム系や調理系の中身を挟んで食べる大きなコッペパンなんですよ。

クリームを挟む場合、一般的には2種類のクリームを挟んで販売していて、盛岡駅構内ではあらかじめクリームも組み合わせも決められたものが販売されています。

ですが本店では盛岡駅店にはないたくさんのクリームを自分で選ぶことができるので楽しいですよ。

スポンサーリンク

盛岡のご当地パン「福田パン」の注文方法

福田パンのメニュー看板

本店でパンを注文するとき、初めての人は戸惑う可能性がありますので簡単にまとめてみました。

①クリームの挟み方を決める(クリーム系のみ)
②挟む組み合わせを決める
③お会計

では、一つずつ説明します。

福田パンの注文方法:①クリームの挟み方を決める

クリーム系だと挟み方を二種類のうちどちらかを決めることができます。

クリームの塗り方説明画像

この写真のように二種類の塗り方から選べます。

・ミックス(クリームを混ぜて新しい味を楽しめる)
・半々(クリームが混ざらずそれぞれの味を楽しめる)

どちらもおいしく食べれるので迷ってしまいますよね。

いろいろな味の組み合わせをチャレンジしてみたいならミックスをおすすめします。


福田パンの注文方法:②挟む組み合わせを決める

クリーム系と調理系がありますが、基本注意する事は、調理系とクリーム系は一緒に挟むことできないということです。

2019年9月上旬現在、クリーム系は以下の物を選ぶことができます。

※調理系はメモし忘れてしまいました、、

139円のクリーム

ピーナツ
ジャム
バター
バナナ
ミルク
コーヒー
ブルーベリークリーム
ヨーグルト

159円のクリーム

あん
粒あん
抹茶
マーマレード
チーズ
マイルドコーヒー

163円のクリーム

ホイップクリーム
メロンクリーム
いちごミルククリーム

169円のクリーム

クッキー&バニラ
粒入りピーナツ
クッキー&ストロベリー
黒豆きなこクリーム
粒入りごまクリーム
ブルーベリージャム
スイートポテト
ザ★ピーナツ2
シャンティラムーズン

それ以外にも季節限定のクリームで「渋皮マロン」(159円)等もありましたよ。

紹介できなかった調理系もミックスすることができるものがあるのでそちらも挑戦してみてください。

福田パンの注文方法:③お会計

お会計ですが、ここも初めての方にはわかりづらいので説明します。


クリーム系の場合

写真にもありますが、値段の違うクリーム系を二種類を組み合わせた場合、高い方のクリームの値段が頼んだパンの値段になります。

例えば写真の例で言うと、169円の「クッキー&バニラ」と159円の「抹茶」を組みわせた場合、値段は

169円 + 159円 = 328円

ではなく、

高いクリームの値段(この例だとクッキー&バニラ)の

169円

となります。


調理系の場合

また、調理系の場合は逆でトッピングを加えた場合はそのまま値段が足されます。

例えば225円のハムサンドに95円のタマゴをトッピングすると、

225円 + 95円 = 320円

となります。

もしわからなければ定員さんに聞くと教えてくれますので、悩まず好きな組わせで頼むといいですよ。


スポンサーリンク

盛岡のご当地パン「福田パン」を食べてみました!

今回、メニューを見て気になっていた組み合わせ「コーヒー」+「ホイップクリーム」を「ミックス」で頼んで食べてみました!

福田パンのコーヒー&ホイップの画像
福田パンのコーヒー&ホイップの断面画像

「コーヒー」はちょっと甘いのかなって勝手に想像していたのですが、全然甘くなかったです

「ホイップ」は逆に結構甘めでしたので、それをミックスにして食べることによってうまい具合に「苦い」「甘い」が合わさりとても美味しかったです。

パン自体も外側は結構固いのですが、内側はフワフワしていました。

この食感の違いも美味しかったです。

初めてチャレンジしたのですが大成功でした!

コーヒーが好きな方にはおすすめの組み合わせですのでぜひやってみてください!

スポンサーリンク

盛岡のご当地パン「福田パン」についてのまとめ

最初に書きましたが、おすすめは本店で自分で好きな組み合わせのパンを頼める本店です。

ですので盛岡駅で時間が1時間くらい余っていたらぜひ行ってみてください。

本店(長田町本店)の場所はこちら!(盛岡駅から徒歩約15分)

ほとんど1本道なので迷うことはないと思います。 (お店近くになると道が細くなり少し不安にはなりますが)

時間がない場合やお試しで食べてみたい場合は盛岡駅構内にある店舗で買うのもいいと思います。

一番人気はあんことバターを挟んだ「あんバター」(税込190円)で、実際に美味しいのでこちらもおすすめです。


せっかく旅行や出張に来たのですからご当地の美味しいもの食べて楽しみましょう!

コメント