【公立小学校の英語がやばい】理解できてない・ついていけない子が続出!必修化の意味は?

アルファベットの画像 お役立ち情報
スポンサーリンク

2020年から小学校でも英語が必修化されましたが、いきなりのカリキュラム変更により子供が苦戦している様子。

うちの子供が英語はわけわかんないって言っていて心配、、

今年は新型コロナの影響もあり、授業の遅れを取り戻そうと詰め込み式になりがちで状況はかなり悪いです。

ちょうど私の子供が公立の小学3年生と6年生なので、リアルな現状をまとめました。

スポンサーリンク

小学生のリアルな英語学習状況:小学3年生の場合

ちょうど今年から小学3年生から英語が必修化となり、英語学習が始まりましたが、、

英語とふれあい、英語への抵抗感をなくそうとしている感じの内容です。

ですが、大人から見れば正直遊び程度のもの。

単語なども色や物の名前を言う程度ものなのですが、

それでも英語はよくわかんないって言ってる、、、

私の子供の友達も同じようにいまいち理解できていないようなので、やっぱりうまくできていないようです。

他の学校はうまくできているところもあるかもしれないと考えると、親としてはかなり心配ですよね。

スポンサーリンク

小学生のリアルな英語学習状況:小学6年生の場合

ある意味、英語必修化の一番の被害者たちでもある小学6年生ですが、まず教科書をみて愕然としました。

基本的には疑問文などを使って遊びながら英語を覚えていく、といった感じになっているのです。

そして実際の授業の様子を聞くと、質問を聞いて答えを単語で答えるだけ。

例えば「What sports do you like?」という質問があった場合。

授業では「Baseball.」など、単語で答えるだけ。

「I like baseball.」とは言ったりしないようです。

また、質問文に使われる単語(先ほどの例ですとWhatとかlikeとか)の意味なども細かくやらないとのこと。

そしてそんな英語の授業は週に1度くらい。

正直これじゃあ英語なんて覚えないし意味がないのでは思いませんか?

英語必修化への切り替えでかなりの詰め込み教育になることは覚悟していましたが正直ここまでは考えていませんでした。

このまま卒業していも中学校での英語の授業がとても心配。

詰め込み授業になるから授業数が少なくて厳しいだろうなぁと考えてはいたのにさらに新型コロナの問題で年間の授業数が少なくなり、厳しくなってしまったのです。

スポンサーリンク

小学生のリアルな英語学習状況:このままでは中学校で英語教育格差が大きくなる!

正直この程度ですと必修化なんてたかが知れていると思うのは私だけではないはずです。

むしろ中学校になったときに英語対策をしてきた子と、そうでない子の差が大きくなり大変なことに

恐らく中学校もやり直し的な感じで復習を兼ねた授業もやるでしょうがじっくり時間をとることはできないはず

ですのでここで理解しておかないとできる子との差が大きくなって授業がつまならなくなり、英語に対して苦手意識をもってしまう可能性があります。

スポンサーリンク

小学生のリアルな英語学習状況:学校以外の学習が重要になる!

中学生になったときの英語格差をなくすには学校以外の学習が大事になってきます。

手軽なところでは学習ドリルやYoutubeなどがありますが、それだとヒアリングや対話するということができません。

そうなってくると一番いいのが塾などの対話ができる学習方法。

対話ができれば自分の話した言葉でコミュニケーションが取れるという体験を通して記憶に残り、覚えやすくなります

スポンサーリンク

小学生のリアルな英語学習状況:英語学習はバイリンガル講師が揃った『GLOBAL CROWN』がおすすめ!

一番は英語で対話できることなので英会話の習い事がいいのですが、英語が苦手ならいきなり英語だけの授業だと余計に何を言っているのかわからなくなり混乱する可能性が、、。

そこで私がおすすめするのはオンラインで授業を受けれて、日本語を話せるバイリンガル講師が授業を行う『GLOBAL CROWN』です。

『GROBAL CROWN』はマンツーマンレッスン!さらに日本語でフォローもしてくれる!

レッスンはマンツーマンレッスンですので会話時間が増えるので英会話力がつきやすいです。

さらに講師は全員バイリンガルですので日本語でフォローもでき、質問しやすいのも特徴の1つ。

講師が直接サポートしてくれると理解のしやすさが格段にあがりますよね。

わかないことをそのままにせずに解決できるのは学習意欲を高めることにもつながりますし、一番大事な英語力は間違いないので英語もレベルによってフォローできるので安心です。

『GROBAL CROWN』はオンライン形式だから送り迎え不要&コロナ対策にもなる!

レッスンなどはすべてオンライン形式での対応なので送り迎えが不要!

またオンライン形式となるのでコロナ対策にもなります。

ですので子供がタブレット端末などでレッスンの受け方を覚えてしまえば親がいろいろ面倒を見なくても大丈夫になるので安心ですし楽になるので助かりますよね。

『GROBAL CROWN』は自習教材も充実!

用意されているアプリはカリキュラムと連動した自主教材が用意されているのでレッスンの予習、復習もいつでもできます。

さらにゲーム感覚で楽しみながら発音の練習ができる、『AIを使用した発音チェック機能』やスペルやライティング練習ができる教材もありかなり充実。

レッスン&自習で「聞く・話す・読む・書く」という4つの技能をバランスよく伸ばすことができるのでとてもよくできています。

親は子供のレッスンの進捗状況や学習内容をいつでも確認できる!

親はアプリを使って子供の現在のレベルやレッスンの進捗、学習した単語などを確認ができます。

レッスン後には毎回レッスンの内容と子供の理解度・様子をまとめた報告メールも届くので毎回受付などに連絡する必要はありません。

そして子供にもアプリを通してレッスン後に講師から子供へメッセージと次回のレッスンに向けた宿題の連絡も届きます

さらに子供から講師へメッセージを送ることができるのでコミュニケーションも取ることが可能

ここまでサポートが行き届いているところはなかなかないですね。

料金は9800円から!やってみなくちゃわからないから無料で体験(2回)してみよう!

料金はプランはいくつかあるのですが、気軽に始められる月々コースですと週1回ですと9800円/月からあります。

詳しくは“>ホームページに書いてありますが、何事もやってみないとわからないですよね。

『GLOBAL CROWN』では無料体験が2回もできていろいろ相談することができるんです。

普通は1回しか無料体験できないところが多いのですが、2回もできるので感覚やレッスンの雰囲気もつかめるのでしょうか。

無料体験や相談はこちらのホームページでできます。

スポンサーリンク

小学生のリアルな英語学習状況:状況を変えるには何か行動をしよう!

こちらでオンライン英会話を紹介しましたが、私と同じように

何かしら対策をしないといけないなぁ

と思っているなら無料体験を申し込んでみたり、何か別の方法を探してみて行動をしてみてください。

考えているだけでは何も始まらないし、何かをしないとわからないままです

私と同じように小学校の英語教育に不安を感じてる人、わたしと一緒に少しでもいい結果になるよう頑張りましょう!