【心理学】通勤時の気分が重く辛いならカバンを見直そう!音楽を聴いて効果アップ!

通勤風景 心理学
スポンサーリンク

始めに:この記事はこんな悩みを持っている人におすすめ!

毎日の通勤が気分が重くなって辛いっていう悩みを持っている方

毎朝、疲れがたまっていると通勤するのって気分が重くなって辛くなりますよね。

天気が悪いとさらに、、っと言い出したらきりがないのですが、心理学的に気分が軽くなる方法がありますのでご紹介します。

それは通勤カバンを軽くすることです。

スポンサーリンク

カバンが軽くなれば気分も軽くなる!

カバンの中身をチェック

人の心は体の状態の影響を受けることが、心理学の研究結果でわかっています。

アメリカ・ヴァージニア大学の研究者が被験者に思い荷物がたっぷり入ったリュックサックを背負わせて、あるいは何も背負っていない状態で、目の前にある坂の角度を推測させる実験をしてみました。

すると、重い荷物を持ったグループのほうが坂の角度を高く見積もりました。

重いものを持っていると、これから自分が登らなければならない坂がとても険しく見えてしまうのです。

内藤 誼人 (著)「世界最先端の研究者が教えるすごい心理学」より

この実証結果から、通勤カバンが重ければ気分は重くなり、やる気もなくなってきてしまうことがわかり、また、その逆で通勤カバンが軽くなれば気分が軽くなることもわかります

通勤カバンっていろいろ入れていたりして重くなっていませんか?

私は毎日持ち歩かなくてもいいような書類や、明らかに雨が降らない日なのに折り畳み傘、財布を2つ、本2冊、モバイルバッテリーはたまたお弁当、水筒などなど、、。

そりゃ重くなりますよね。。

私はこの心理学の事を知ってからはなるべく余計なものは持ち歩かないように心がけるようにしています。

そして通勤カバンを軽くしたら気分が少し軽くなりました。

ですがしばらくすると慣れてしまって効果はあまり感じられなくなってしまいました。

ですが、一度通勤カバンを軽くすると、もう重い通勤カバンには戻れません。
通勤カバンが重くなると気分が重くなってしまうのです。
つまり気分が軽くなっている状態に慣れてしまっていたということになります。

気分を軽くする方法は他にもあります

スポンサーリンク

アップテンポの曲を聴く!

こちらも先ほど説明した心理学の実証実験で一緒に行われ、音楽プレーヤーでアップテンポの曲と気分が滅入るような暗い曲をそれぞれ聞かせたとき、アップテンポの曲を聴いていた方が結果が良かったという結果があります。

通勤カバンを軽くする」+「アップテンポの曲を聴く」の合わせ技も簡単にできるのも魅力的ですね!

実際、通勤時に音楽プレーヤーで音楽を聴く方も多いと思うので、知らず知らずのうちにこの効果を感じている人もいると思います。

スポンサーリンク

まとめ:気分が重いならまずはカバンを整理し、アップテンポの曲を聴こう!

心理学を利用した、通勤カバンの中身を整理するだけの簡単な方法は気分が少し軽くなるのでおすすめです。

また合わせ技として音楽プレーヤーでアップテンポの曲を聴くということも効果がありますので一度お試しください!

コメント